Blog

折り返しますよ〜♪


東京の渋谷でも大阪の道頓堀でも大騒ぎだったらしいハロウィンの夜。
大阪・梅田の轟屋はハロウィンと関係無く盛り上がりました(笑)。

お客さんの中でハロウィンを感じさせる出で立ちの方はゼロ!ww
僕も本番直前に近くの100均でコウモリの耳みたいなカチューシャを買ってハットの上から付けただけww
うん!そんなもんだよね、平日の大人たちはww
危うくガチで仕込んでしまうとこだったよ^^;
いや、ステージ上の僕くらいは仕込むべきだったかな?^^;

まあとにかく、楽しく盛り上がりましたよ♪
オリジナルのハロウィンソングすら歌わないくらいにww
この日のMVPは、沖縄市出身のねーねー。
他のテーブルの方々もどんどん明るく巻き込んでくれて、気が付きゃ「ここは轟屋?」って思うくらいみんなで踊りまくり♪

ご結婚されたばかりのたかひろさん&ことのさんは「にーびちすーじ乾杯さびら」、11月生まれのしんいちさんとけんたさんは「生まりたる日に乾杯さびら」でそれぞれみんなでお祝い♪
おめでとう♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ケルトのお盆の夜は、イチャリバチョーデーのカチャーシーでみんな仲良く楽しんだとさ(^ ^)
みなさん、ありがとうございました\(^o^)/

ちなみに、「泡盛の日」の昨日はとーっても大人しくて当初はライブが成立するのか?とまで思えてしまうほどでしたが、なんだかんだどうにかなるもんすね(^ ^)
少しは泡盛の売り上げに貢献できたかな?
楽しんでいただいたみなさん、ありがとうでした(^_−)−☆

さて、今回の遠征も折り返し。
本日は道頓堀の「おぼらだれん」、明日は滋賀・守山の「あしび」で歌いますよ!
お仕事帰りにぜひぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=lXVmrDJkmMQ
ハロウィンも終わっていよいよ年末へ♪
1年前に作った沖縄のクリスマスの風景を歌った「ジングルベルと島ぞうり」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-11-02 | Posted in Blog, ライブ報告, 轟屋No Comments » 

 

Happy Halloween ♪


ハロウィンですね。
昔のケルト地方のお盆みたいなものなんですってね(^ ^)
うーとーとーだね(^人^)

夏以降しばらくご無沙汰だった朝ランをボチボチ再開してます。
しかし、ハロウィンだからって、いつも途中で立ち寄る神社でこんな自撮りをしちゃって良かったのでしょうかね?(^_^;)
何卒お許しをm(_ _)m

今日からゆるりと関西遠征が始まりますよ。
今日・明日が轟屋(梅田)、2日(金)がおぼらだれん(道頓堀)、3日(土)が久々のあしび(滋賀・守山)という予定になってます。
それぞれお近くのみなさん、ゆたしくうにげーさびら!

今んとこ今夜コスプレするかどうかは未定ですが、去年作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」は歌うつもりだよ。
今日が今年最後の機会だからねww
よかったらお仕事帰りに聴きに来てね(^_−)−☆

Happy Halloween \(^o^)/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



 

喉のお話、声のお話 〜後半〜


喉のフォーカルジストニアじゃないかとメチャメチャ心配して病院に行ったら、「老化です」と言われてしまった岡村です^^;

前回のブログでは、その病院での診断後「喉頭マッサージ」を教えてもらってお風呂でやっているというところまででしたね。
「喉頭マッサージ」に関しては、興味のある方が多いようでしたら改めてご紹介しようと思いますので、知りたいという方はコメントかメッセでお知らせくださいませ(^_−)−☆

◀︎喉のお話、声のお話 〜前半〜

では今回は、声の不調を脱したもうひとつのポイント「ボイストレーニング」について。
実は昨年の11月から月に2回(1回50分)、本格的なボイストレーニングに通っています。
声の震えが「老化」と診断される少し前からですねw

それまで独自にやっていたボイトレに行き詰まっていたし、声の不調を脱するためにも今後のためにもプロのトレーナーの客観的な視点と指導が不可欠だと感じたので。

先日受けたレッスンで、通い始めて丸1年ということになりました。
ここまでの感想。
レッスンを受けて、本当に良かった!
前回のブログの冒頭にも書いたように、最近はライブをご覧になった方もその変化を感じてもらえるようになったということですし。

月2回のレッスン以外にもほぼ毎日1時間程度の自主練を続けていますが、たぶん若い生徒さんたちと比べたら僕の進化のスピードは決して早くないと思う。
でも、少しずつではあるけれども確実に声の震えは無くなってきているし、ミックスボイスの進化によって高音の伸び&音域が違って来たし、何より声の響きがリッチになった♪
自分自身では毎回のレッスンの度に変化を実感できるし、まだまだ変化は続いていくのは間違いない!と感じています。

今や、ネットでいろんな情報が簡単に手に入れられる時代。
YouTubeでは様々なジャンルの様々なHowTo動画が見られるし、それを真似ることでトレーニングすることは可能です。
事実、僕自身もしばらくそうしてたわけだし。
でもね、どんなにいい手本となるような動画を真似たとしても、果たしてそれを自分自身がちゃんとできているのか客観視するのはとても難しい。
いや、ほとんど出来ないと言ってもいいでしょう。

客観的な視点とそこから導き出される的確な指導というのがとても大事なんだと、思い知らされる1年でした。
それはボイトレに限らず、この春から始めた琉球古典音楽に関しても同じく。

そんな素晴らしい成果を実感させ続けてくれているボイストレーナーが小久保よしあき先生♪
なんと偶然にも同じ大学の同じ学部学科出身!
さらに学生時代は同じバンドサークルの団体連合に所属(サークル自体は違うけど)!
共通の知人もいないくらい代は離れているけどね(僕がかなり上です)笑

>>小久保よしあきボイストレーニングスタジオ

ハリウッドや世界の様々なシンガーに信頼されるボイストレーニングメソッドを習得し、さらに常に新たな情報を追い求め研究を続ける小久保先生の姿は、ある意味声に関するオタク!と言っていいでしょうww
人柄もとても柔らかくて、とても良い先生に出会ったな〜と思っています。
いつも、ありがとうございます!
ってことで、先日のレッスン終わりに、先生と初ツーショット自撮りw
相変わらず下手くそだな、俺ww

人それぞれ相性や得手不得手があるだろうし、レッスン費用も高いか安いか感じ方も人それぞれだろうけれど、いい指導者に出会うことがやはり技術習得の近道だと思うし、正解だと思いますよ。

と言っている僕自身がまだまだ進化の途中。
このボイトレの効果は、自身のオリジナル曲やライブだけでなく、古典の歌唱においても間違いなく良い影響を与えていくはず。

頭とか理屈ではなく、毎日地道にコツコツと続けて身体に染み込ませることによって初めて身につくものってあるんだね、やっぱり。

小久保先生、これからもゆたしくです!
おっさん、まだまだ進化するぞ〜p(^_^)q
みなさん、その進化を確かめにライブ見に来てね(^_−)−☆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-25 | Posted in Blog, 音楽ネタNo Comments » 

 

喉のお話、声のお話 〜前半〜


最近、ライブをご覧いただいた方から「歌い方変わった?」「声の調子が良さそうだね」という声をいただくことがちょいちょい増えてきました。

そうなんです!
変わったんです!(^ ^)
というか、今も少しずつ変化を続けているというのが正しいかな。

以前にも同じような書き出しで始まった投稿がありますが、実はその後も紆余曲折がありました。

>>声はどこまで高くなるのか?〜その1〜

“その4”まであるので、お時間ある方はどうぞww
とりあえず、ざっくりとこれまでの流れを^^;

覚えている方もいらっしゃると思いますが、2014年の春、不摂生と力任せに張り上げる無理な歌い方がたたって、一時期ほとんど声が出ない状況になったことから喉の不調との戦いが始まりました。
その後の病院での診断は「慢性上咽頭炎」。
半年くらい治療を続けながら、喉に負担をかけない発声法を探り、本やネットの情報を参考にアプリなどを駆使して独自にボイトレを続けた結果、喉を痛める前より良い喉&発声の状態まで持っていくことができました。
長年吸っていたタバコも2年前に止めました(やっと^^;)。
これで、あとはどんどん良くなる一方だ!

と思っていたのが以前のブログの段階。
しかし昨年の春くらいから、上咽頭炎の治療中にも起こっていた自分ではコントロール不能の「声の震え」がどうにもならないくらいの状況にまでなってしまいました。
そのとき頭をよぎったのが「フォーカルジストニア」。

>>参照:局所性ジストニア – Wikipedia

体の一部において本人の意図せぬ筋肉収縮を引き起こす神経疾患。
著名な演奏家やボーカリストにも発症した方が多くいらっしゃいます。
精神的なストレスが主な要因と言われることも多い疾患なので、もしそうだったとしたら、原因は特定できるのだろうか?治療にどれくらいの期間・費用がかかるのだろう?治療せずそのままにしていたらどうなるのだろう?歌い手としての活動を続けていくことはできるのだろうか?
いろいろな不安が頭の中を駆け巡り、その不安自体が大きなストレスに。
ライブ自体でも納得のいかないクオリティが続くことでさらにストレスが重なり、状態はどんどん悪い方へ。
しんどかったです、マジで。

そう言いながらもなんか怖くて病院にもなかなか行かずに誤魔化し誤魔化しライブを続けていましたが、「このままではいかん!」と思ってジストニアの治療などでも定評がある都内の某ボイスクリニックへ。
ドキドキの診断の結果は
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
「老化ですね」
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
ガーン!
そんな・・・マジっすか・・・_| ̄|○

先生曰く、ロック系のボーカリストに多く見られるようですが、高音を歌う際にチェストボイス(地声)を持ち上げて力強く歌うタイプの人が長年その歌い方を続けていると、40代くらいからそれを支えていた筋肉の力が弱くなったり硬直してしまうことにより意図せぬ声の震えという症状が出ることがあるんだそうな。

これを回避するには、喉周りの筋肉を必要以上に緊張させないような発声法を練習すべし、とのこと。
声帯も綺麗で問題無いし、ジストニアでもないということで安心しました。

確かに僕の歌い方はずっとそんな感じでした。
上咽頭炎発症以降、独自に発声法を変えるべくトレーニングしてきたつもりでしたが、昔からの歌い方は根本的には変わっていなかったということです。

でも実は、この診断のちょっと前から、本格的にボイストレーニングに通い始めていたんです。
先生もそれを続けていくことを勧めてくれました。

もうひとつ。
喉周りの筋肉を外側からほぐす「喉頭マッサージ」の方法を指導していただいて、それ以降お風呂に浸かっている間に必ずやっています(^ ^)

大きな不安から解放されて、とにかく気持ちが楽になりました♪
あとは、その症状が出ないような新たな発声法を身につけるのみ!

ということで、だいぶ長くなったので、この続きはまた改めて(^_−)−☆

▶︎喉のお話、声のお話 〜後半〜

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-24 | Posted in Blog, 音楽ネタNo Comments » 

 

父と三線


ちょいと父と三線のことを書かせてもらいますよ。
いや、ちょいとじゃないかもな。
そこそこ長くなりますので、予めご了承ください^^;

先日他界した父の葬儀会場、その後自宅の祭壇横にもずっと飾ってあった三線2挺。
ひとつは、祖父(父の父)が1975年に三線の名工・又吉真栄氏に作ってもらったらしい(棹に銘が打たれてます)真栄氏オリジナルの型「マテーシー千鳥」。
以前、別のブログでも紹介したことがあるので、覚えてる方もいらっしゃるかもしれませんね。
もうひとつが、沖縄タイムスの旧社屋の基礎に用いられていたリュウキュウマツの杭(くい)から製作したという三線。

>>マツ杭で三線を製作 タイムス旧社屋の基礎 | 沖縄タイムス+プラス

金武の教室には他にも何本かあるんだろうけど、那覇の自宅ではこの2挺を気に入って主に弾いていたようだし、それぞれエピソードもあるので、葬儀の時も飾らせてもらうことにしました。

父は昔から古典が好きだったようです。
子供の頃は、三線好きだった曽祖父(父の祖父)の弾く唄三線を8人兄弟で唯一いつも横で興味深く見聞きしていたと、父の兄弟から聞いたことがあります。
職場の愛好会みたいな形で古典を始め、本格的に師匠に師事し安冨祖流の三線を学び始めたのは30代後半くらいだったと記憶しています。
定年後は自身の地元・金武で小さな三線教室を開き、那覇の自宅から週2回通っていました。
一方、息子の僕はというと、これまで父から手ほどきを受けることもなく、全くの我流で好き勝手に三線を弾いてきました。
でも、それについて父がとやかく言うことは全くありませんでした。

でも僕も実はずっとやりたいと思っていたんです、琉球古典音楽。
なかなか踏み出せずにいたけれど。

それがこの春、いろんな出会いやタイミングに恵まれ、ようやく踏み出すきっかけをいただきました。
そして、師匠をはじめ先輩弟子の方々のご指導のおかげで、この7月には琉球古典芸能コンクールの安冨祖流三線新人の部に合格することができました。

やっとこれから父と琉球古典音楽についていろんな話ができるスタートラインに着けたなと思っていたのに、まさかそれから1ヶ月もしないうちにこんなことになるとは、思ってもみませんでした。

父が亡くなった後、親戚その他いろんな方から「あんた最後にいい親孝行したね〜」という言葉をいただいたのですが、確かに今思えば不思議なほど絶妙なタイミングだったし、合格を報告できて本当に良かったとは思っています。
でもね、やっぱり後悔ばかりが出てくるんですよ。
あと5年、せめてあと3年早く古典を始めていればとか。
もっと父の前で弾いて話を聞いていればとか。

実は父には安冨祖流で古典を習い始めたという話もコンクールを受験するという話も伝えたのはほぼコンクールの直前。
コンクール受験のために本番の数日前に帰省した際も、師匠の道場で稽古するばかりで、実家ではほとんど弾かず(というか実家では飯食って風呂入って寝るだけ?^^;)。
コンクールの2日前だったかな?、稽古を終えて帰ったら、たまたま父が三線の弦を張り替えていたんです。
手元が見えにくそうだったので途中から僕が代わり、張り終えた流れでサラッと弾いたのが「伊野波節(ぬふぁぶし)」(コンクールの新人賞の課題曲)。
これが僕の古典の独唱を父にちゃんと(と言えるほどちゃんとしてなかったけど)聴いてもらった唯一になってしまいました。
「うん、本番緊張しないでできたら大丈夫じゃないか〜」と言ってくれた父にも「ありがとう」と答えた僕にもまだ互いにどこかしら照れ臭さが残っていたような気がします。

父の紋付袴を借りて挑んだコンクール本番。
道場から出陣!と草履を履こうと思って袋から取り出したら、まさかの黄色い「島ぞうり」!
しかもマジックで書かれた名前入り!(笑)
たぶん父にとっては上等な草履よりこっちの方が履きやすかったんだはずね。
あまり見た目や格好に頓着しない父らしい話なんですが、お陰で本番直前の舞台袖でもこのことで兄弟子たちと笑ってホッコリし、余計な緊張から解放されたような気がします(^ ^)

無事、コンクールの新人賞合格を報告でき、これからいろいろ教えてもらおうと思っていたのに、次に沖縄に帰った時、父はもう病院の個室のベッドの上でした。
そんなに深い会話も出来ない状態でした。

でもそんな中、父のお弟子さんのKさんが、「その病室で三線弾いていいですか?」「お稽古つけてください」と自ら病院に許可をもらって来てくれたんです。
体調が芳しくない中でも「彼女に来年教師免許を取らせてあげるまで頑張ろう!」と父の大きなモチベーションになってくれていた、最後のお弟子さん。
不躾ながら、僕も一緒に演奏させてもらえないかとお願いして、Kさんと2人で病室で前出の「伊野波節」、歌わせてもらいました。
ちょっとたどたどしい演奏になってしまったんだけど、曲が終わった後、横たわっている父が「じょーとー!」って叩いた手の力強さは、その後見られないくらい渾身のものだったように思えます。
その後しばらく続いた父とKさんとの病室でのお稽古は、本当にとてもステキな時間でした。
それが最後の稽古になってしまったし、教師免許まで指導できなかったことを父はとても悔やんでいると思うけれど、そんな素晴らしい時間を過ごさせてくれたチムグクル溢れるKさんに対して家族みんなで感謝してもしきれないほどです。

その素敵な師弟関係は、初七日の席でもひとつエピソードを生みました。
特に打ち合わせていたわけではないはずなのにたまたま同じタイミングでいらっしゃったのが、父が最初に師事した古典の先生(故人)の娘さんとその兄弟弟子でその後指導してもらっていた先生(こちらも故人)の息子さん(お二人同士はお知り合い)。
どちらも僕は初めてお話させてもらうので、ご挨拶して自身のコンクールの話などもしていたところ、これまたたまたまいらっしゃったのがKさん!
しかもちょうど空いていた座れる場所が、我々が話をしていたすぐ横。
とても自然な流れでそれぞれをご紹介差し上げたのですが、父の大先生の娘さん、先生の息子さん、最後のお弟子さん、そして息子の僕という4人が上手い具合に集ったというこのタイミングの不思議。
きっと父が引き合わせてくれたんだろうと思わざるを得ませんでした。

他にもまだ書きたいことがありますが、今日はこんなとこにしときましょうかね。
とにかく、ああすれば良かった、こうすれば良かったという後悔は後から後から出てきますよ。
もっと古典を早く始めていればよかったというのはもちろんのこと、父の唄三線をある程度ちゃんとした形でレコーディングしておけばよかったとか、ちゃんと2人でゆっくり飲みに行けば良かったとか、他にもいろいろ。
僕が子供の頃から、何か自分の意見を押し付けるようなことはせず、常に本人の意思を尊重する人だったから、ずっとそれに甘えて好き放題してたよ、「いつか、そのうち」って。

全く後悔の無い生き方なんて誰もできないと思っているんだけど、せめて、これからの後悔を少しでも少なくできるような生き方をしてしていこう。
天国の父が心配しないように。
恥ずかしくないように。
感謝を忘れずに。

駄文・長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



 

嬉し楽しかちゃーしー♪


遅くなりましたが、水曜日のかちゃーしー池袋店ライブ、ど平日にもかかわらず足を運んでくださったたくさんのみなさん、ありがとうございました!
盛り上がりましたね(^ ^)

数組いらっしゃった初めましてのお客さんものっけからとても楽しんでくれて嬉しかったよ♪

ジャストこの日がお誕生日だった首里高校の大先輩・まりこさんを筆頭に、れいさん、ともこさんの10月生まれ3人、そしてちょっと早ツモで11月生まれのひろみさんを加えて、「生まりたる日に乾杯さびら」でのお祝いも賑やかに!
おめでとうございます!♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

ひとつ失敗したのは、この日は「沖縄そばの日」だよ〜♪ってMCでも散々喋って、ライブ終わったら食べて帰ろうと思ってたのに、ちょっと酔っ払ってしまって、すっかり食べ忘れてしまったこと^^;
あ、ライブとは関係なかったねww

しかし、先週末、沖縄から戻ってくる直前にも食べたし、前日のお昼にも食べたのに、肝心の当日に食べないなんて・・・ww
でも、沖縄そばはいつでも美味しいので、みなさん、年中召し上がってくださいね〜(^_−)−☆

かちゃーしーでのライブもまた調整するので、決まったらぜひまた遊びに来てくださいね〜。
オーナーの玉城さんに「新宿店でもやってよ〜」って言われたので、それも調整したいね。
ライブのやり方自体も選曲もいろいろバリエーションを考えていこうと思っているので、諸々お楽しみに〜(^_−)−☆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-19 | Posted in Blog, かちゃーしー, ライブ報告No Comments » 

 

四十九日と1匹のハエ


早いもので、実父の四十九日の法要を無事終えることができました。
慌ただしい日々がようやく一段落。
と言いたいところだけど、まだまだいろいろやること満載で大変ね〜^^;
でも、一区切りついたことで少しホッとしております。

祭壇を撤去し、新しく設置した仏壇へのお引越しも完了。
これからはこの仏壇から家族のことを見守ってくれると思います。

そういえば、四十九日の法要を終えた直後くらいから部屋の中を飛んでいた1匹のハエ。
なかなかどこにも止まらないので、どうすることも出来ずにいたところ、歌舞伎の中村勘三郎さんが代々亡くなった後、ハエになって大事な時にやって来るという話を妹が思い出した。
だから中村家ではハエを絶対に殺さないんだそうな。

もしかしたらこのハエは四十九日を終えてこれからグソー(あの世)に向かう父が、最後に自分の建てた家をハエになってぐるっと見て回っているのかもしれない。
そう思うと殺す気も失せてそのままにしていたら、いつのまにかいなくなってた。
やっぱりそうだったのかな?

これまでお世話になったたくさんの方々に改めて感謝です。
本当にありがとうございました。

8月下旬からの出来事やこれまでの父との思い出を忘れてしまわないうちに、折を見て振り返って書いてみたいと思っているので、その際はお付き合いくださいませ。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-13 | Posted in Blog, 日常のあれこれNo Comments » 

 

ワクワク初挑戦♪


三連休最終日は、都内某所でお稽古というか自主練?
琉球古典の三線を教えていただいている教室のメンバーで今度あるイベントに参加するのですが、その中で初めて舞踊の地謡(じかた・じうてー)をやらせていただくことになりまして(^ ^)、その初合わせでした。

踊り手のHさんのご意見もいただきながら、教室の先輩方に引っ張っていただいて、何度も繰り返しお稽古。

楽しいっす♪
今までほとんど知らなかった古典の世界に少しずつ挑戦させてもらえるのは、とても嬉しく刺激的でワクワクします♪

まだまだ全然ペーペーですが、ゆっくりじっくり学び精進していきたいと思っていますよ(^ ^)
自身のライブ活動や作曲活動と並行して、より音楽の幅や深みを増していけたらいいな。
ちばいんどーp(^_^)q

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=z89LBJmV1vI
もうすぐハロウィン♪
1年前に作った沖縄風ハロウィンソング「チンクヮーマジムン」の歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-09 | Posted in Blog, 琉球古典音楽No Comments » 

 

豪徳寺沖縄祭り、にふぇーでーびたん♪


三連休真ん中の7日日曜日は、豪徳寺沖縄祭りで歌わせてもらいました♪
心配だった台風の影響もなく、快晴。
むしろもうちょっと風吹いてくれた方がいいのにってくらい夏が戻ってきたような暑さでしたねw

初日のトリとしてステージに立たせていただきましたが、アンコールまで盛り上げてくださったみなさんに、感謝です!
お祭りのスタッフのみなさんにもとてもお世話になりました!
ありがとうございました\(^o^)/

久々の屋外ライブは、やっぱり気持ちいいね!
天気が晴れてくれたのが本当に良かったよ♪
差し入れでいただいたビールも美味しかった!

ライブ後は、見に来てくれていた中高の同級生と割と遅くまでガッツリ飲みましたとさ(^ ^)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

https://www.youtube.com/watch?v=rzMcuLsxPbg
5月の新曲は少年野球の思い出のグラウンドが舞台♪
歌詞が見られるMVをYouTubeで公開中です♪

irumancha_jk300
絶賛好評発売中!
初アルバム「イルマンチャー」
よろしくお願いします♪
イルマンチャー

最新のライブ情報はこちらでチェック!
http://satoshiokamura.ryukyu/live/



2018-10-09 | Posted in Blog, イベント, ライブ報告No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 67